キャノンのインクを選ぶときには品質を重視するか、コストを重視するか保証を重視するかなどによって変わってきます。どの選び方にも一長一短があるものとなっているので、目的合わせた選び方が重要となります。とにかく品質にこだわりたいというのであれば純正品を使うのが一番であり、逆に品質はそこそこでコストを出来る限り安く抑えたいという時には社外品を利用するのが良いでしょう。社外品を使用するとメーカーからの保証が切れてしまいますので、最低限の保証は受けたいという場合であれば保証期間が切れるまでは純正品を切れてからは互換インクを使用するという方法を選ぶことで、ぎりぎりまで保証を受けることができ、それが切れたあとはコストを出来る限り安く抑えることができます。

品質を重視するのであれば純正品

キャノンのプリンターで最善の印刷品質を得るのであれば、純正品を使うのが一番です。メーカーが最も性能を発揮できるように作ったものですから、どのような優れた社外品であっても純正品にはかなうものではありません。また、プリンターというのは純正品を使うことを前提として設計をされているので、社外品を使用した場合予期せぬ故障などを引き起こすことがありますから、信頼を重視する場合も純正品を使うことが望ましいといえます。基本的にキャノン純正のインクというのは品質面でも信頼性の面でも高いものとなっているので、デメリットはありません。しかし、一つだけ欠点がありプリンターメーカーはインクで利益を出す形になっているので純正品のものはかなり割高の金額になっているという点にあります。

コストを重視するなら社外品の選択を

少しでも費用を抑えたい、品質は重視せず大量に印刷をするのでコストが安いほうが良いという時には社外品を選ぶのが最適です。社外品のインクというのは品質面では純正品には劣りますが、よほど高品質の印刷結果を求めなければ十分使用に問題ない程度の品質はありますから、コストを抑えたい時に最適です。注意をしておきたいのはプリンターは一度でも社外品を使用すると、インクが原因であるなしにかかわらずその時点で保証が切れてしまいますので、保証があるうちは純正品を選び切れたら社外品を選ぶという選び方もあります。ただし保証期間内であっても、何回もインクを交換するほどに使用頻度が多い人であれば保証が切れるリスクがあってもインク代の差額による費用削減効果は大きいので、社外品を選択するというのも悪いものではありません。